銀座カラー 日焼け

銀座カラーに通うときに日焼けしてしまったら?

銀座カラーではフラッシュ脱毛の中でも安全性の高い物を利用しています。
ただ施術期間中の状態によっては思わぬトラブルが発生してしまう事もあります。
その原因となる事の一つは日焼けです。

 

そもそもフラッシュ脱毛は肌に特殊な光を照射する事によって脱毛を行いますが、
その時に照射される光は通常の物ではなく、
黒い・濃い色にのみ反応する物となっています。
だからムダ毛を上手に処理する事が出来ています。
ただ日焼けをしていたりすると肌が白い人に比べると光の影響を受けやすくなってしまいます。
日焼けした肌はそもそもデリケートな状態になっていますが、
照射した光の影響によっては熱を帯びてしまい、
水ぶくれが出来たり赤くなってしまったりする事もあります。

 

だから、銀座カラーだけでなくプロに施術を依頼する場合は
必ず日焼けはしないようにすると言うのが基本です。
肌が焼けている状態ではトラブルが起きやすくなってしまう為、
施術を断れてしまう事もある程です。
出来るだけスムーズに施術を受けて最短の期間でムダ毛を上手に処理したいと思ったら、
日焼け対策は万全にしておきます。
また、もし万が一日焼けをしてしまった時は、
1か月から2か月程度は施術出来ないと判断されてしまう事もあります。
さらに毛周期に合わせて施術を受ける事になるので、
日焼けをしてしまえばしまう程ムダ毛がきれいに処理できるまでの期間が
どんどん長くなってしまう仕組みです。

 

銀座カラー等で脱毛を受ける場合は、
紫外線が降り注ぐ時期は長そでを着たり日傘を利用して外出します。
また上手に日焼け止めを利用してむやみやたらに肌を焼かない様にします。

 

さらに脱毛の施術を受けた後は通常よりも肌がとてもデリケートな状態になっています。
その状態で紫外線を沢山浴びてしまうと
痒みや赤み等肌トラブルの原因となってしまう事もあるので、
施術後も紫外線対策を正しく行って肌を焼かない様にします。

 

従って、脱毛をしている期間は施術前後等関係なく
基本的にはそもそも肌を焼かない様に注意する事になります。

 

銀座カラーの全身脱毛が凄い!外部調査6冠獲得の理由を徹底解説!